食事制限
2017年04月03日更新 2017年03月31日公開

デメリットを知って、食事制限ダイエットを成功させる方法

ダイエットで早く結果を出そうとすれば、食事制限がもっとも手っ取り早い方法です。しかし、極端な食事制限は失敗の原因になります。食事制限のデメリットを知って、ダイエットを成功させる方法をドクター監修の記事でご紹介します。

さまざまなダイエット方法がありますが、基本は摂取するエネルギーよりも消費エネルギーが上回れば、痩せることができます。そして、運動や基礎代謝などでエネルギー消費するよりも、食事で摂取エネルギーを少なくすることの方がずっと簡単で効果的です。しかし、過剰な食事制限は体重を減らすだけではありません。必要なエネルギーや栄養が不足するため、さまざまな体調悪化を引き起こす危険性があります。

食事制限ダイエットの効果

ダイエットの方法は、星の数ほどあります。しかし、どのようなダイエットでも、多かれ少なかれ食事制限は必要です。運動をたくさんしたからといって、それを上回るカロリーの食事をしてしまっては、元も子もありません。

食事制限ダイエットは、食事の量を制限するだけでなく、食べる食材、食べる順番、食べ方、食べる時間帯などを調節するものです。余分なカロリーや脂肪を摂らないように、さらに今までの食事量によって大きくなった胃を小さくするための工夫といっていいでしょう。

食事制限ダイエットは、食事量を減らすので減量効果はすぐに出ます。そのためモチベーションも維持しやすいというメリットがあります。運動が苦手な人でも、運動をしなくても痩せることができます。上手に食事制限をすれば、最短でダイエットを成功させられます。

食事制限ダイエットのデメリット

食事制限ダイエットは、摂取エネルギーを消費エネルギーよりも抑えることで、確実に痩せることができる方法です。しかし、デメリットもたくさんあります。

体調を崩しやすくなる

無理な食事制限を続けていると、体にとって最低限必要な栄養が不足してしまいます。食物繊維不足による便秘、カルシウム不足による骨粗鬆症(こつそしょうしょう)、鉄分不足による貧血など、さまざまな体調不良の症状が現れてきます。

生理不順

栄養の偏りや不足が続くと、ホルモンの分泌にも異常が出ます。女性は特にホルモンに影響が出やすく、生理不順や生理が止まってしまうこともあります。将来の不妊の原因にもなることですから、注意しなくてはなりません。

精神への影響

過度な食事制限を続けることで、深刻な「拒食症」「過食症」を招くおそれがあります。いわゆる摂食障害ですが、痩せすぎているにもかかわらず「もっと痩せたい」「もっと痩せなければ」という強迫観念にさいなまれます。こうなると精神の病ですから、入院治療が必要になります。

リバウンドの心配

食事制限によるダイエットは、早く効果を出そうと、あせってやればやるほどリバウンドの危険性が高まります。急に食事の量を減らすと、襲ってくる空腹感も激しいものです。それがストレスとなっていきます。2~3日、あるいは1週間くらい我慢できても、長続きできずにまた元の食生活に戻ってしまいます。

食事制限を続けてきた体は、飢餓状態にあります。少しの栄養でも取り逃がさないような体質になっているため、いつもの食事に戻してしまうと、今まで以上に脂肪をためやすくしてしまいます。

デメリットを回避する方法

食事制限によるデメリットを回避するためには、急な食事の減量、無理なスケジュールでの食事制限を避けることです。人間の体は急激に体重が減ると飢餓状態であると危険信号を脳に送ります。そうなると、体は基礎代謝を抑えて、エネルギーの節約モードに入ってしまうため、効率よく痩せることができません。食事制限のデメリットを回避するためには、長いスパンで最低3か月、通常でも6か月をめどに徐々に体重を減らしていくことが大切です。

食事制限ダイエットの正しい方法

食事制限ダイエットの正しい方法としては、極端に摂取を制限したり、特定の食品のみ摂取するダイエットをしないということです。いつもの食事の量を2割減らしましょう。いつもの量と品揃えをお皿に用意します。そしてそこから全てのものを2割残すようにします。そのうえで、次のような約束事を守るようにします。

  • 一回でのドカ食いはせず、3回に分けてキチンと食事をする
  • 早食いはせず、20~30分かけてゆっくり食べる
  • 食事が不規則にならないように、決められた時間に食べる
  • テレビや新聞を見ながらの「ながら食い」はしない
  • 夕食は遅くとも8時までには済ませ、それ以降はお茶や水以外は口にしないようにする
  • 毎食後30分くらいしてから30分くらいの軽い散歩をする

食事制限ダイエットを成功させる秘訣は、けっして結果をあせらないことです。そして、規則正しい生活を送ることです。また食事の制限だけでなく、適度な運動をとり入れることによって、太りにくい体質に改善していきましょう。

「食事制限」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play