果物・フルーツ
2017年03月01日更新 2017年02月28日公開

アボカドダイエットについて

健康や美容によいとされるアボカドですが、アボカドには食べ過ぎてはいけない理由があります。ここでは、アボカドの栄養やダイエットでの使い方などについて、専門家監修のもと、詳しく解説します。

アボカドは栄養価の高い果物ですが、どのような成分が含まれているのでしょうか。アボカドの栄養価やダイエットでの使い方について見てみましょう。

「森のバター」と呼ばれるアボカド

アボカドは、ギネスブックに認定されるほどの高い栄養価を含んだフルーツです。濃厚でクリーミーな味わいと食感が特徴で、特に、脂肪分を多く含むことから「森のバター」と呼ばれています。

アボカドの代表的な成分

カロリー

アボカドのカロリーは、1つあたりおよそ220kcalとされています。ご飯一膳の約160kcalと同じくらいのカロリーです。

ビタミン

アボカドには、豊富なビタミンも含まれています。美容に効果的とされているビタミンE、脂肪を分解する働きをしてくれるうえに、新陳代謝や美肌に効果があると考えられているビタミンB6を始めとしたビタミンB群などを含んでいます。

オレイン酸

アボカドの油は、オレイン酸(オメガ9)という良質な油です。オメガ9は、美容液によく使われている成分で、美容効果の高い油だと考えられています。オレイン酸は不飽和脂肪酸で、体内の血液に含まれているLDL(悪玉)コレステロールを減らしてくれる働きがあるといわれ、動脈硬化の予防、老化防止、美肌に効果があるといわれています。

食物繊維

腸を整えるのに効果的とされる有名な成分ですが、アボカドには食物繊維が果物類の中でもトップクラスの含有量とされています。特に不溶性食物繊維は100gあたりでりんごのおよそ3倍になります。

アボカドとダイエットの関係

ダイエット用にしては高すぎるカロリー

アボカド自体は、フルーツの割に肉厚で食べ応えもあり、カロリーも決して低いとはいえないため食べ過ぎには注意しましょう。

インスタントラーメンとほぼ同量の脂質

アボカド100gあたりに含まれる脂質はおよそ19gです。脂質の多さが森のバターと呼ばれるゆえんでもあります。これはインスタントラーメンとほぼ同じ値になりますので、他の単品系ダイエットのようにアボカドだけを食べてダイエットは、なかなか難しいのではないかと考えられます。また、アボカドを食べ過ぎると、胸焼けや胃もたれが起こる可能性もあります。

豊富すぎる食物繊維

アボカドには食物繊維がかなり多く含まれています。便秘解消などに効果があるとされている食物繊維ですが、食べ過ぎると下痢や腹痛につながるおそれもあるため注意しましょう。

ダイエット向きではない

アボカドは、脂質を多く含んでいるため、特にカロリーを気にするダイエットには不向きといえるかもしれません。ただし、食物繊維を多く含んでいることから、健康のために上手にとり入れるとよいでしょう。

アボカドを使ったダイエット方法

アボカド自体はダイエット向きとはいいにくい特徴があります。しかし、きちんと摂取カロリーと消費カロリーを考えることで、ダイエットにつながる効果を得ることも不可能ではありません。高い栄養価を上手く利用して、ダイエットと美容にとり入れる方法もあります。

それは、フルーツサラダにして他のフルーツと一緒にアボカドを食べるという方法です。1日の1食分をフルーツサラダにすることで、豊富な栄養を利用した美容効果と、摂取カロリーを抑えたダイエット効果に期待できるでしょう。しかし、くれぐれも食べ過ぎにはご注意ください。

「果物・フルーツ」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play