飲み物
2017年03月01日更新 2017年02月28日公開

ごぼう茶ダイエットについて

ごぼうには多くの栄養素や有効成分が含まれており、それらが手軽に摂取できるごぼう茶はダイエットに効果的だといわれています。具体的な成分やダイエットにいいとされる理由などを、専門家監修の記事で解説します。

ごぼうの原産地はユーラシア大陸北部で、日本には平安時代に中国経由で入ってきたといわれています。やがて、ごぼうは日常の食べ物として日本に定着し、野菜として、さまざまな料理で風味や食感が親しまれてきました。そのごぼうをお茶として飲むことで、栄養を損ねることなく摂取でき、ダイエットにも効果的だといわれています。

ごぼう茶とは

ごぼうに含まれている代表的な有効成分は、食物繊維とポリフェノールです。どちらも健康や美容には欠かせないといわれる成分なのですが、毎日ごぼうを大量に食べるには限界があります。そこで注目されているのが、ごぼうの豊富な栄養を手軽に摂取できるごぼう茶です。飲み物なので持ち運びやすく、作り方も簡単です。

ごぼうは薬草だった

ごぼうは、中国から日本に輸入された当初、すぐれた栄養価や成分のためにデトックス効果の高い薬草という位置づけだったようです。外国では解毒作用や利尿作用があるとして重宝されてきたといわれています。しかし、江戸時代には日本で栽培されるようになり、庶民の食卓のなじみ深い食材へと変化していきました。普段からごぼうを食べる習慣があるのは、世界を見ても日本だけだといわれています。

ごぼう茶のカロリー

ごぼう茶にカロリーはほとんどなく、500mLで7~8キロカロリー程度です。健康効果が高く、かつカロリーも少ないとされるごぼう茶は、ダイエットに関心がある人にとってはありがたいアイテムといえるでしょう。

ごぼう茶の美容パワー

イヌリン

多くの有効成分を含んでいるごぼうですが、最大の特徴はイヌリンがたくさん含まれていることです。イヌリンとは、水溶性の食物繊維の含有量が野菜の中でもトップクラスだといわれている有効成分です。イヌリンを始めとする食物繊維は、便秘の改善に役立つことはもちろん、大腸がんや糖尿病などの生活習慣病の予防に効果があるとされています。便通がよくなることで腸がスッキリし、ダイエットにも効果的です。腸が健康だと眠りも深くなるので、肌荒れや疲れが改善され美肌効果が見込めます。

ポリフェノール

イヌリンと同じく、ポリフェノールもごぼうの代表的な成分に含まれます。ポリフェノールは、抗酸化作用にすぐれ血液をさらさらにする役目があり、生活習慣病の予防に効果があるとされています。また、抗がん作用や美白作用、アンチエイジングにも効果を発揮します。

サポニン

高麗人参に含まれるゼンセイノイドという成分とほぼ同じといわれているサポニンは、免疫力をアップし、身体を強化する作用があるといわれています。メラニンの生成を抑制しシミになりにくい肌をつくるなどの美肌効果・アンチエイジング効果もあるといわれ、女性には特にうれしい成分です。その他にも、代謝をあげるためのリンや、排泄を補助するカリウムが多く含まれており、ダイエットの助けになると考えられます。

ごぼう茶の効能

ごぼう茶に含まれている数々の有効成分は、ダイエットや美容以外にも、私たちの健康が保たれるうえでたくさんの効能を持っているといわれています。便秘解消や肥満の改善以外にも、大腸がんの予防、利尿作用、むくみ予防などが期待できます。また、ごぼう茶はノンカフェインなので、妊娠中の女性や子供でも飲むことができます。

ごぼう茶の作り方

手作りごぼう茶

ごぼう茶をつくるのに特別な知識は必要ありません。ごぼうがあれば家庭で簡単につくることができます。

(1)ごぼうをささがきにします。

(2)半日以上、天日で干してカラカラにします。

(3)フライパンで少し煎ったらできあがりです。

できたものをひとつかみティーポットに入れ、上からお湯を注ぐと手作りごぼう茶の完成です。栄養は皮にも多く含まれているため、皮をむきすぎないようにしてください。包丁の裏側で軽くこそげるか、たわしでサッと洗う程度でよいでしょう。

市販のごぼう茶

市販のごぼう茶の淹れ方は以下のとおりです。

・煮だす場合

(1)やかんで沸とうさせたお湯にごぼう茶のティーバッグを入れます。

(2)3分程度、沸とうさせたらできあがりです。

・注ぐ場合

(1)急須にティーバッグを入れ、そのうえから熱湯をそそぎます。

(2)2分ほど蒸らせばできあがりです。

・水出しの場合

(1)大きな入れ物にティーバッグを入れ、水をそそぎます。

(2)2時間ほど待てばできあがりです。

ごぼう茶は豊富な栄養と有効成分が含まれているため、ダイエットをサポートする強い味方になってくれるでしょう。さまざまなごぼう茶を試してみて、自分の好みに合うものを見つけてください。

「飲み物」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play